山口、ジャイアンツとマイナー契約 「夢に向かい挑戦続ける」―米大リーグ

yahoo News:2/12(金) 9:30配信

【ニューヨーク時事】米大リーグのジャイアンツは20日、ブルージェイズを自由契約となった山口俊投手(33)とマイナー契約を結んだと発表した。アリゾナ州で行われているメジャーのキャンプに招待選手として参加する。

 山口はマネジメント会社を通じて談話を出し、「できる限り自分の夢に向かって挑戦を続ける」と再起を目指す決意を語った。

 巨人からポスティング移籍した昨季は、新型コロナウイルスによる混乱の影響を大きく受けた。開幕が約4カ月遅れ、カナダを本拠地とするブルージェイズは、米国内に仮の拠点を置いて活動。当初は先発を目指して調整していたものの、中継ぎに回って17試合で2勝4敗、防御率8.06に終わった。「いろんな課題が見つかった」と振り返り、2年目に意欲を見せていたが、今年のキャンプイン直前に戦力外となった。

 新天地はナ・リーグ西地区の名門球団で、巨人でもプレー経験のあるゲーブ・キャプラー氏が監督。昨季地区3位にとどまり、手薄な投手陣の整備を進めるチームで昇格を狙う。山口は「チャンスをつかめるように、一生懸命頑張るだけ」と2年目を見据える。