2010年プロ野球ドラフト会議

開催日 2010年10月28日
開催地 東京都港区
会場 グランドプリンスホテル新高輪
制度 1巡目:重複くじ引き
2巡目以下:変則ウェーバー

抽選選手

・斎藤佑樹(早稲田大学、投手、右右)

「ヤクルト」
「日本ハム ◎」
「ロッテ」
「ソフトバンク」

・大石達也(早稲田大学、投手、右左)

「横浜」
「楽天」
「広島」
「オリックス」
「阪神」
「西武 ◎」

セ・リーグ

中日

  • 1位 大野雄大(佛教大学、投手、左左)
  • 2位 吉川大幾(PL学園高、内野手、右右)
  • 3位 武藤祐太(Honda、投手、右右)
  • 4位 森越祐人(名城大学、内野手、右右)
  • 5位 関啓扶(三重県立菰野高、投手、右右)

阪神

  • × 大石達也(早稲田大学、投手、右左)
  • 1位 榎田大樹(東京ガス、投手、左左)
  • 2位 一二三慎太(東海大学付属相模高、外野手、右右)
  • 3位 中谷将大(福岡工業大学附属城東高、外野手、右右)
  • 4位 岩本輝(山口県立南陽工業高、投手、右左)
  • 5位 荒木郁也(明治大学、内野手、右左)

育成

  • 育成1位 阪口哲也(和歌山市立和歌山高、内野手、右左)
  • 育成2位 島本浩也(福知山成美高、投手、左左)
  • 育成3位 穴田真規(大阪府立箕面東高、内野手、右右)

巨人

  • 1位 澤村拓一(中央大学、投手、右左)
  • 2位 宮國椋丞(沖縄県立糸満高、投手、右右)
  • 3位 田中太一(大分県立大分工業高、投手、右右)
  • 4位 小山雄輝(天理大学、投手、右右)

育成

  • 育成1位 和田凌太(広島県立広島工業高、内野手、右右)
  • 育成2位 岸敬祐(愛媛マンダリンパイレーツ、投手、左左)
  • 育成3位 福泉敬大(神戸9クルーズ、投手、右右)
  • 育成4位 荻野貴幸(愛知工業大学、内野手、右左)
  • 育成5位 財前貴男(エイデン愛工大OB BLITZ、内野手、右左)
  • 育成6位 成瀬功亮(旭川実業高、投手、右右)
  • 育成7位 川口寛人(西多摩倶楽部、内野手、右右)
  • 育成8位 丸毛謙(広大阪経済大学、外野手・内野手、右右)

ヤクルト

  • × 斎藤佑樹(早稲田大学、投手、右右)
  • 1位 山田哲人(履正社高、内野手、右右)
  • 2位 七條祐樹(伯和ビクトリーズ、投手、右右)
  • 3位 西田明央(北照高等学校、捕手、右右)
  • 4位 又野知弥(北照高等学校、外野手、右右)
  • 5位 久古健太郎(日本製紙石巻、投手、左左)
  • 6位 川崎成晃(熊本ゴールデンラークス、外野手、右右)

育成

  • 育成1位 北野洸貴(神奈川大学、外野手、右左)
  • 育成2位 上野啓輔(香川オリーブガイナーズ、投手、右右)
  • 育成3位 佐藤貴規(仙台育英学園高、外野手、右左)